1. YNU
  2. 教育?研究
  3. YNUの研究
  4. 教員?学生の受賞
  5. 大学院理工学府生が電気化学会第86回大会で「優秀学生講演賞」を受賞

大学院理工学府生が電気化学会第86回大会で「優秀学生講演賞」を受賞

教員?学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

 大学院理工学府 化学?生命系理工学専攻 エネルギー化学教育分野 博士課程前期 2年(受賞当時 1年)の岡本幸紘さん(指導教員:獨古薫 教授)が、2019年 3月 27日~ 29日に京都大学吉田キャンパスにて開催された電気化学会第86回大会において、「スルホランを溶媒に用いたNa系高濃度電解液の溶液構造と電池適用」というタイトルで口頭発表を行い、優秀学生講演賞を受賞しました。

 本研究では、ナトリウム塩を有機溶媒の一種であるスルホランに溶解させた電解液の基礎物性とナトリウムイオン二次電池への適用に関して検討を行いました。その結果、ナトリウム塩濃度が 5mol/L程度と極めて高い濃度になると特異なイオン伝導機構が発現することを見出しました。岡本さんの優れた発表内容とプレゼンテーション能力が高く評価され、受賞につながったものです。

 なお、上記の研究は、文部科学省の元素戦略プロジェクト〈拠点形成型〉「実験と理論計算科学のインタープレイによる触媒?電池の元素戦略研究拠点」の一環として実施したものです。


ページの先頭へ