1. YNU
  2. 教育?研究
  3. YNUの研究
  4. 教員?学生の受賞
  5. 大学院理工学府生がIDAR2019で「Dアミノ酸国際研究拠点賞」を受賞

大学院理工学府生がIDAR2019で「Dアミノ酸国際研究拠点賞」を受賞

教員?学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

 2019年9月10日~13日に東京ミッドタウン フジフィルムコンファレンスホールで開催された第4回 Dアミノ酸研究国際会議(IDAR2019)において大学院理工学府 化学?生命系理工学専攻の修士2年生 茅野 洋平さん(指導教員: 川村出准教授)がThe D-Amino Acids International Research Center Award (Dアミノ酸国際研究拠点賞)を受賞しました。

 茅野さんはL体/D体アミノ酸のキラル分離に有効なキラルカラムをDアミノ酸含有ペプチド(DAACPs)に応用し、天然のDアミノ酸含有ペプチドについて良好な分離能を示した結果と同時に、その分離メカニズムと考えられるホスト-ゲスト相互作用の詳細を示しました。また、振動円偏光二色性分光VCDを用いてDアミノ酸の導入位置に依存したペプチドの構造変化を識別しました。これらの研究は抗菌性や神経性の機能を持つDAACPsの分離?識別に応用できる成果です。本国際会議におけるポスター発表の中から特に優秀な2件のポスター発表がThe D-Amino Acids International Research Center Awardとして選ばれ、茅野さんの発表が見事に選出されました。

関連リンク


ページの先頭へ