1. YNU
  2. 教育?研究
  3. YNUの研究
  4. 教員?学生の受賞
  5. 大学院理工学府生が第80回応用物理学会秋季学術講演会で「英語講演賞」を受賞

大学院理工学府生が第80回応用物理学会秋季学術講演会で「英語講演賞」を受賞

教員?学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

 2019年9月18日~21日に北海道大学札幌キャンパスで開催された第80回応用物理学会秋季学術講演会において大学院理工府 博士課程前期 2年 元木亮太さん(指導教員:山本勲 教授)が英語講演賞を受賞しました。

 応用物理学会において Detection of magnetic nanopa-ticles in deep position by pulsed magnetic field IV と題する英語による口頭講演に対し、研究内容と英語でのプレゼンテーション能力が高く評価され、今回の受賞となりました。

 乳がん等はリンパに沿って転移するため、患部に近いリンパ節へのがん転移の有無を調べる必要があります。そのためには、皮膚の深い位置にあるリンパ節の位置を特定するべく、従来は放射性物質の注射が用いられ、医療従事者への被曝が問題視されていました。

 本研究では、放射性物質に代えてナノサイズの常磁性物質を使用し、パルス強磁場を用いて磁気的にリンパ節位置の特定を試みました。研究の結果、パルス強磁場を利用して微量の磁性体を精度よく検出する方法を開発し、その位置と量に対する検出限界についての知見を与えました。



ページの先頭へ