1. YNU
  2. 寄僥宛坪
  3. レ鷸喃
  4. プレスリリ`ス匯E
  5. ‐プレスリリ`ス/伏麗謹來が欹}の盾QのIとなる

‐プレスリリ`ス/伏麗謹來が欹}の盾QのIとなる

‐プレスリリ`ス/伏麗謹來が欹}の盾QのIとなる
Biodiversity-productivity relationships are key to nature-based climate solutions

赤爺銘忽縞,赤爺銘郊利利峽の畢嫗縮娩が麼Г掘畢爽t栽冩梢侭、|奨寄僥伏b室g冩梢侭、そして忽翌10寄僥吉冩梢Cvが歌鮫する忽H冩梢グル`プは、伏麗謹來と欹咾}の犹ヒ栖耒圓魘楚晒した猟をk燕しました。仇白梁哲晒を契ぐことで伏麗謹來を隠畠できれば、伏麗謹來による命殆簾ГMみ、欹鬚琉俺┿をさらに陥Mできることが蛍かりました。この欹魄俺┿と謹來隠畠のI宀陥Mの旋吩のUguもg仏し、書瘁の忽H屓貨におけるI宀gの措いvS來┛俺┿フィ`ドバックに廣することの嶷勣來を{しました。
云冩梢撹惚は、忽H親僥jI仝Nature Climate Change々2021定6埖4晩原にdされました。

しくは、Y創をごEください。

い栽わせ毅輝枠

h廠秤麪仂尽 縮娩 畢 嫗
メ`ルアドレスakkymynu.ac.jp

(毅輝済чL片レ?h翌S)


ペ`ジの枠^へ